赤ちゃんの体温調節について

赤ちゃんと体温の関係

スポンサーリンク

赤ちゃんが、お母さんのお腹にいるときの、羊水の温度は、およそ37度くらいに保たれています。しかし生まれた途端に、乾燥していて、温度差の激しい環境に身を置く事になります。

生まれたばかりの赤ちゃんは、十分な調節機能が発達していません。

ですので、室温が25~26度の新生児室で保温されます。
こうすることにより、体温調節がされているのです。

また、赤ちゃんは新陳代謝がとても盛んです。
そのエネルギーの量は(体重1kgに対し)大人の約2.5倍ともいわれ、体温は大人より高めで、汗もかきやすいのです。

平熱の目安は37度くらいですが、季節によって少し変わります。

体温が高めとはいえ、最初の慣れないうちは、両親が心配になることも(笑)

生まれたての赤ちゃんは、大人のように昼夜を問わず、1日のほとんどの時間を寝て過ごします。

そんな赤ちゃんにとって、環境はとても大切です。
赤ちゃんがいつでも、快適で安全な環境を用意しましょう。

加湿器(必須です!)や、部屋の温度を一定に保てる暖房器具は、必須アイテムとなります。

赤ちゃんの体温調節の為にも、室温には注意してくださいね。
赤ちゃんの心が落ち着く、オルゴールや、肌触りのいい布団なども用意してあげましょう。

赤ちゃんを世話することって、本当に大変ですし、成長するまでは、両親はまともに寝れません。ですが、この経験は何にも変えられない、とても大切な時間を過ごすことになります。

無償の愛情で、どうか赤ちゃんを守って下さい。

スポンサーリンク