とても危険な赤ちゃんの熱中症について

赤ちゃんと体温の関係

スポンサーリンク

体温調節を赤ちゃんは、うまくコントロールできませんので、暑さによる影響を、とても受けやすく、季節に関係なく注意が必要です。体内の水分量が多いことから、脱水によるダメージを受けやすく、赤ちゃんは暑さに大変、弱いです。熱中症の事故を怖さを知ることで、赤ちゃんをどうぞ守ってあげて下さい。

閉めきった室内はとても危険!

閉めきった室内に赤ちゃんを残して、出かけるような行為はご法度です。

とくに暑い季節は絶対にしないで下さい。

暑いところにいた赤ちゃんの熱が上がってしまったり、水分を受けつけなるようだったり、意識がもうろうとしているようでしたら、すぐに病院へ連れて行ってあげて下さい。

地面からの太陽の照り返しは危険!

道路などは、低くなるほど、表面温度があがります。
小さい赤ちゃんはこの影響をモロに受けます。

大人は暑くなく感じても、アスファルトの照り返しはベビーカーの赤ちゃんを直撃します。

涼しいと思っていても、想像以上に暑くなることもあるので要注意です。
炎天下の日は、買い物に赤ちゃんを連れ回すのはやめましょう

海やプールで、パラソルなどで日陰を作っても、砂浜やコンクリートの照り返しは、赤ちゃんの体が熱にさらされて危険です

赤ちゃんを車内に置きざり

この行為は親として絶対にあってはならない事です。

気温がそれほど高くない日でも、車の屋根は熱をものすごく吸収します。

車内の温度は上がり、蒸し風呂状態になるので、赤ちゃんには大変危険な環境となります。

車を離れるときは、たとえ短時間でもいっしょに連れて行ってください。

熱中症の疑いがあるときは、赤ちゃんの意識があるときは、まずは体を冷やして下さい。

そしてたっぷりと水分補給をしてください。
涼しい木陰など風通しのよい場所に連れて行き、衣服を脱がせます。

額に冷たいぬれタオルなどを当てて、赤ちゃんの体温を下げるようにしてください。

脇の下や首の後ろを冷やすのも効果ありです。

心配な場合はすぐに病院に連れて行ってください。
迷っていると、後で後悔することもあります。

スポンサーリンク