赤ちゃんが泣いている時の意思表示

赤ちゃんからのサイン

スポンサーリンク

うまれたばかりの赤ちゃんの仕事は、泣くこと、寝ること、おっぱいを飲むことです。
(泣くこと以外は私と変わらない気が。。。)そして中でも「泣くこと」は、赤ちゃんの、大人への意思表示(サイン)です。生後1~2カ月の赤ちゃんは、「暑い」「寒い」「おむつかえて」「お腹へった」などの、主に生理的なことを伝えるために泣きます。

そして、月日が立つと、これに、「甘えたい」「抱っこして」「遊んで」このサインが加わります。赤ちゃんの泣きかたにはそれぞれ個性があります。

よく泣く赤ちゃんと、そうでない赤ちゃんがいますが、これはその子の個性と考えてください。赤ちゃんが泣いていても、放っておくことは絶対にしないで下さいね。益々泣いて、それがストレスとなり、育児ノイローゼとなるお母さんも多いようです。

個人差はありますが、泣きかたを見分ける一般的な目安を以下よりご説明します。

お腹が空いている時

激しく泣いたり、穏やかになったりを繰り返します。
穏やかになった後に、人差し指などを、赤ちゃんの口に触れてみて、それを吸うようならお腹が空いています。

眠いとき

赤ちゃんは布団やお母さんの服などに顔をこすりつけたりします。
少しぐずることもあります。

不安、不快なとき

思い出したように、突然泣くことがあります。

こんなときは、おむつが汚れていないか、体が虫に刺されていないかなど、赤ちゃんを裸にして見てあげてください。

異常がないときは、不安になったり、驚いたりしたのかもしれません。(一体何が。。。)
そんなときは、しっかり抱っこしてあげてくださいね。

痛いとき

痛いときは激しく泣きます。
この場合はおっぱいを、飲ませても泣き止まないので、どこが痛いのか慎重に見てください。
おなかが痛いときは、赤ちゃんの両足が縮まります。

以上、参考になれば幸いです。

はじめは何で泣いているのかわからなくて、
大人があたふたしますが、なれてくると、
すぐに理解できるようになりますし、
なんとなくカンで、「そろそろ眠たいかな」とか、
「そろそろお腹すくかな」とわかるようになりますね。

スポンサーリンク