赤ちゃんが吐いたときの対処方法

吐いてしまったら

スポンサーリンク

赤ちゃんが吐いてしまったとき、自宅で出来る対処方法を覚えておけば、ご昇進は慌てずに赤ちゃんを安心させてあげられます。

赤ちゃんが吐いたときの対処方法

赤ちゃんの調子が悪そうなときにあげる、離乳食はなるべく消化の良いものや、喉ごしの良いものを食べさせてください。

お医者さんから何か指示がありましたら、その指示に従って下さい。

熱があるときの離乳食は大根と小松菜のおかゆ、口内炎のときは、豆腐とオニオンのスープ、下痢のときは、林檎パンのおかゆ、などが良いかと思います。

赤ちゃんの嘔吐が治まらないうちは、無理に食事は与えないで水分補給を心がけます。

赤ちゃんが繰り返して吐きそうなときの対処方法

赤ちゃんをあお向けに寝かせていると、吐いたものが気管につまる可能性が大きいので、とても危険です。

吐き気が治まらないようでしたら、赤ちゃんの顔を横に向けて寝かせ、丸めたハンドタオルや、クッションを使って、体を横に向けるなどして下さい。

赤ちゃんの首がすわっているのでしたら、お座りの姿勢にしてあげると、赤ちゃんもとても楽になります。

吐いたあとの対処方法

吐いたものが口の中に残っていますと、次の吐き気をもよおしてしまうこともあります。
ガーゼなどで吐いた後の口は、キレイにふき取ってあげて下さい。

汚れた衣服もすぐに着替えさてください。
吐いた後は飲み物を必ず飲ませて下さい。
(脱水症状に気をつけて下さいね)

一度に大量に飲ませると、吐き気をもよおすこと場合もありますから、回数を多くして少しずつ与えるようにします。

母乳やミルクは、食欲があり元気なようでしたら、吐く回数が少なければ問題はないです。

ただし、ミルクや母乳は胃への負担が大きいので、吐き気が強いときは途中でやめて下さい。

麦茶や白湯、イオン飲料などを水分補給として与えて下さい。

症状が治まり、吐く回数が少いようでしたら、ミルクや母乳はいつもどおりに与えて大丈夫です。

もしも心配なときはかかりつけの先生に、ご相談なさってみて下さい。

離乳食も、食欲があるようでしたら、普段どおりに、食べさせても大丈夫ですが、吐き気を誘発することがありますので、酸味の強いものは避けるようにしてください。

吐き気が強いときは、水分補給だけにし、離乳食はストップします。

症状が治まった時は、柔らかめで消化の良いものから食事を始めます。

赤ちゃんは吐くと水分が失われ、体が危険な状態になることがあります。

嘔吐が激しい場合の対処法方

脱水症状が起こる危険姓が高いので、十分に水分補給をしてください。

機嫌が良ければお風呂に入っても、大丈夫ですが、長時間の入浴は、体に負担がかかるので、避けて下さいね。

発熱や下痢、嘔吐が激しい時は、入浴は見合わせるようにして下さい。

スポンサーリンク