赤ちゃんの嘔吐で考えられる病気について

吐いてしまったら

スポンサーリンク

赤ちゃんの嘔吐の原因は、風邪以外にも色々な病気を推測できます。
赤ちゃんが嘔吐した時と、関連する病気についてお話しさせていただきます。

 

肥厚性幽門狭窄症

何やら中国語のようですが、「ひこうせいゆうもんきょうさくしょう」と読みます。
肥厚性幽門狭窄症の症状は、授乳のたびに激しく吐くことです。

2~3週間以降の赤ちゃんが、特にかかりやすく、胃の内容物が逆流し、十二指腸に出られない状態が原因で起こるようです。

噴水のように激しく嘔吐して、授乳のたびに吐くので、体重が増えず、栄養不良になるケースもあります。

先天性噴門弛緩症

「せいてんせいふんもんしかんしょう」と読みます。
先天性噴門弛緩症の症状は、赤ちゃんは自身は元気なのですが、飲んだものを吐いてしまいます。

生後すぐにかかりやすく、食べ物や飲み物の逆流が、原因として考えられます。

予防としては、1回の授乳量を減らしてみます。
そして回数を増やし、吐かない様に調整して下さい。

それでも体重があまり増えないようであれば、お医者様に相談することをオススメします。

溢乳・吐乳

「いつにゅう・とにゅう」と読みます。

症状として見られるのが、赤ちゃんが授乳直後にミルクを吐いてしまうことです。

2~3カ月頃までにかかりやすく、空気もいっしょに飲んでしまったり、ミルクを飲みすぎて吐いたり、嘔吐する場合があります。

ゲップと共にミルクを吐く状態は病気ではないので、どうぞご心配なく!

予防としては、授乳後立て抱きにし、背中をトントンしてあげましょう。

赤ちゃんはミルクを飲んだ後、必ずゲップををしますので、ゲップすませてから、寝かせてあげましょう。

他に嘔吐から考えられる病気として挙げられるのが、
・脳炎
・食中毒
・ウイルス性胃腸炎
・腸重積症
などがあります。

スポンサーリンク