赤ちゃんが吐いてしまったら

吐いてしまったら

スポンサーリンク

なぜ赤ちゃんはすぐに吐いてしまうのか

赤ちゃんが吐いてしまった時、赤ちゃんの体の中ではどのようなことが起きているのでしょうか。赤ちゃんの胃は大人と違い、縦長になっています。

胃の上部の噴門部にある筋肉は、食べ物や飲み物の逆流を防ぐ役目を、果たしているのですが、赤ちゃんの噴門部の筋肉は、まだまだ未発達なので、大人に比べて吐きやすく、ミルクなどをすぐに戻してしまいます。

赤ちゃんがミルクを飲んだ後に、背中をポンポンと叩いてゲップをさせるのも、吐いたミルクなどで、喉をつまらせないようにするためですよね。

ここからは、赤ちゃんが嘔吐したとき、どのような症状のときに、どのようなタイミングでお医者さんに見てもらえばよいかについてお話ししていきます。

自宅で様子をみて下さい

吐いていない時は元気がある場合や、軽い吐き気はあるけど、他に変わった様子はなく、機嫌もいいようでしたら、しばらく自宅で様子を伺ってみて下さい。

診察時間内に受診して下さい

ひんぱんに赤ちゃんが吐いていたり、ミルクを飲ませた後に勢いよく吐いてしまう場合。
また、吐くことを繰り返すのだけど、しっかりと食欲もあり、水分もとれるような場合なども、病院の診察時間内に看てもらうことをオススメします。

診察時間外でも、受診して下さい

ぐったりしていて元気がなかったり、立て続けに吐いてしまったり、赤ちゃんの顔が青ざめているようでしたら、診察時間外でも、診察してもらって下さい。

大至急、急患で病院に連れて行く

赤ちゃんがぐったりしていて、急に泣き治まってまた激しく泣くことを繰り返したり、高熱や下痢を起こして、激しく吐いてしまう時や、お水を飲んでくれない時などは、大至急、急患で病院に連れていって下さい。

以上、ご参考になれば幸いです。

赤ちゃんが吐いてしまった時は、決して慌てないで対処して下さい。

どんな症状であっても早めにお医者様に、診断してもらう方が良いかと思います。

風邪もそうですが、赤ちゃんの嘔吐から病気も考えられます。

赤ちゃんの体調が少しでもおかしいと思ったら、自己判断は避けて、必ず病院に行くようにして下さい。

スポンサーリンク