赤ちゃんが咳をしたときの対処方法

喉や気管支のトラブル

スポンサーリンク

赤ちゃんが咳をしている時って、本当につらそうですよね。

ここでは、赤ちゃんが咳をしたときの、対処方法についてお話させていただきます。

赤ちゃんのせきが止まらないとき、赤ちゃんは、食欲が落ちたり、熟睡できなくなったりします。

自宅で出来る一番の基本は、室内を加湿し、赤ちゃんが呼吸しやすくするような環境を整えることです。

咳をしている赤ちゃんは、抱っこする時に、立てるような感じで抱いて、背中を軽く、トントンしてあげましょう。

これをするだけでも、赤ちゃんの呼吸は楽になります。

赤ちゃんがせきで寝つけないようでしたら、上半身の下に座布団などを入れて、寝かせた姿勢から少し背中を立てて下さい。

赤ちゃんの咳が、コンコンと乾いたような咳の場合は、洗濯物を室内に干すのもいいでしょう。
他にも、濡れタオルをハンガーにかけたり、お湯を張った洗面器を置いたりなど、室内の乾燥を取り除くと、効果バツグンです。

湿度計や加湿器があると、とても便利です。
そして、湿度の目安は50~60%が理想的です。

赤ちゃんのせきが続くようでしたら、水分をコマメに補給してください。
炎症を起こしているのどが、とても楽になります。

脱水症状を防ぐためにも水分補給はマメにします。

まだ体が小さい赤ちゃんの咳は、体にも、大変な負担をかけてしまいます。

自宅で出来ることはしっかりとして、早めにお医者様に見てもらって下さい。

そういえば、昔の日本でよく見られた光景に、石油ストーブにやかんをのっけて、部屋を温めるとともに、乾燥を防ぐという対処方法がありましたよね。

これはとても良いアイディアだと思うのですが、赤ちゃんがやけどしないかが心配です。

そして、現在の住宅は気密性も良いので、一酸化中毒も怖いです。

私の子供が小さいときは、オイルヒーターというものを使っていました。(よく病院で使われていますね)

これですと、触ってもさほど熱くないですし、濡れタオルをかけておくことも出来ます。

ただ難点は、部屋が乾燥するんですよね。

今もそうですけど、寒い時期の乾燥対策は、本当に神経を使いますね!

スポンサーリンク