赤ちゃんが誤飲してしまった時の対処方法

喉や気管支のトラブル

スポンサーリンク

もしも赤ちゃんが間違えて、誤飲してしまったら。。。
考えただけでもゾッとしますが、冷静に対処なさってくださいね。

赤ちゃんの顔色が悪くて息苦しそうな時などは、気管に異物が詰まっている可能性もあります。もし、何かを飲み込んでしまったらまずは、まだ口に残っているか、飲み込んでしまったかを確認して下さい。
その時、顔色や、機嫌が悪くないかも見ます。

誤飲した物が口の中に残っているようなら、口の中にある残っているものを取り除いてください。

指をそっと差し入れて、口の手前に残っている異物を取り除きます。

口の奥に誤飲した物がある場合は、無理にかき出さないように注意して下さい。

指で奥に押し込んでしまう場合がありますので、これはとても危険です。

飲み込んでしまっていたら、なるべく早く吐き出させるようにします。
吐かせてもOKな物なのかを確認し、なるべく早く吐き出させます。

何を飲み込んでしまったかで対処方法も変わってきます

・先のとがった画びょう
・ピアス
などの固形物や、
・トイレ用洗剤などの強い酸性のもの
・灯油
・シンナーなどの石油製品
・入れ歯洗浄剤
などの液状物は無理に吐かせてはいけません。

なぜかと申しますと、無理矢理、吐かせると肺や食道を傷つける危険性があります。
ですので、そのまま大至急病院へ行って下さい。
誤飲したものを吐かせるには
吐かせても良いようなものでしたら、吐かせるときは赤ちゃんの両ほほを指ではさみます。

誤飲したものを飲み込んでしまっていたときの対処方法

口を大きく開かせたら、舌の付け根を指で強く押します。
うまく吐き出せなかったりすることもあります。

吐き出しても、様子がおかしいようでしたら、病院に連れて行くようにして下さい。

誤飲した物がのどに詰まっているようでしたら、赤ちゃんの背中を強く叩いてみて下さい。

大人が立てひざになり、頭が胸よりも低い位置になるようにして、太ももの上に赤ちゃんをうつぶせにします。

肩甲骨と肩甲骨の間を平手で強くたたいてください。
4~5回叩くと、誤飲物を吐き出させることができます。

実際は、親の目が届かない時に誤飲が起こることが多いので、何を誤飲してしまったのか分からない場合がほとんどだと思います。

誤飲したものが、何かわからないで、赤ちゃんも飲み込んでしまい、落ち着いているようでも、できれば病院に連れて行って下さい。

タバコを誤飲したかな?という時は、赤ちゃんの口の匂いを嗅ぐと、たばこの匂いがしたりで、わかる場合もあります。

誤飲したタバコが出た後は、お水を飲ますようにして下さい。

スポンサーリンク