赤ちゃんが誤飲しないようにするには

喉や気管支のトラブル

スポンサーリンク

赤ちゃんは好奇心がいっぱいです!
生まれて5ヶ月頃になると、自分の身の回りにあるものを、「何だろう?」って、何でもかんでも、口に入れようとします。どうやら、これは、赤ちゃんの確認作業のようですね。
ですが、これが思わぬような誤飲事故に、つながりますから、部屋の物は、赤ちゃんの手の届かない場所にキチンと整理整頓するようにしましょうね。

赤ちゃんの行動範囲には、特に危険なものや、小さいものは置かないようにします。
赤ちゃんは、かんだり飲み込んだりがうまくできません。
食事の時間なども、喉につまらないように、大きさや固さに十分気をつけるようにして下さい。

赤ちゃんが誤飲しないように、前もって対処できる方法をご紹介します。

赤ちゃんが化粧品類、医薬品液状や、クリーム状の洗剤などを誤飲しないようにする。

お酒、調味料、洗剤、漂白剤、シャンプーなどの、液体類は誤飲の危険性が大きいです。

赤ちゃんの手が届かない場所に保管するか、シンク下の収納扉はロックして、赤ちゃんが勝手に開けられないようにします。

きれいな色やいい香りの、化粧品類も危険なので同様に要注意です。

医薬品の錠剤やカプセル、シロップ類などの誤飲も多いので、しっかりと片付けて保管しておきます。

ひも類やふとんの誤飲や窒息に気をつける

1才未満の赤ちゃんは、フカフカのふとんに顔が沈み、顔をおおって窒息したり、ひもが首に巻きついて窒息する事故が起こりやすいようです。

ベッドまわりの安全は常にチェックし、衣類についている、ひも類ははずした方が無難です。

たばこの誤飲に気をつける

赤ちゃんの誤飲でダントツ1位が「たばこ」にによるものです。

赤ちゃんは大人が口にしているものを、食べられるものと思い、自分も真似したくなります。

赤ちゃんの前でたばこを吸わないこと、そして灰皿やライターを置く場所も、赤ちゃんの居る部屋の中には置かないようにしましょう。

タバコの煙は、赤ちゃんの健康に害を及ぼします。

また、たばこの成分が溶け出した浸出液は、もっと危険です。空き缶を灰皿代わりに使ったりしないようにして下さい。

小さな物の誤飲や窒息に気をつける

シール、おもちゃ、ブロック、クレヨン、などの小さな部品などは誤飲の危険があります。

普段から綺麗に掃除して赤ちゃんの身の回りは、キレイにしておきましょう。

スポンサーリンク