赤ちゃんの急性気管支炎とインフルエンザ

喉や気管支のトラブル

スポンサーリンク

赤ちゃんの気管支炎の様々な症状や、インフルエンザなどについてお話をさせていただきます。

赤ちゃんの急性気管支炎について

赤ちゃんの年齢が、6カ月以降になると、かかりやすくなるようです。

赤ちゃんが急性気管支炎にかかってしまった時の、症状は、せきと3日以上の発熱が続くことです。

風邪が長引くことで始まることが多くて、気管支にウイルスが感染しまうようです。

インフルエンザウィルスや、RSウイルスが、その原因の大半を占めています。

炎症が肺の近くまで広がってしまうと、「細気管支炎」になることもあります。

食欲がなく、嘔吐してしまうようでしたら、脱水症状にならないように、水分補給をコマメにしてあげて下さい。

いづれにしても、早めに病院に連れて行ってあげて下さい。

赤ちゃんのインフルエンザについて

赤ちゃんの年齢が、6カ月以降になると、かかりやすくなり、長引くケースが多いようです。

赤ちゃんのインフルエンザの症状は、急に高熱が出たり、激しいせきをするのが特徴です。

特に冬時期になるとかかりやすく、インフルエンザの原因はウイルスとなります。

インフルエンザウィルスは、感染力もとても強いです。

ウイルスの種類も何種類かに分類されます。

かぜに似た症状が強く出て、ワンシーズンに、何度もかかることもあります。

このインフルエンザにかかると、抵抗力が弱い赤ちゃんは症状が、重症化してしまう可能性もあります。

脳症や肺炎などの合併症をひき起こす、危険性もあるので細心の注意が必要です。

予防としては、一般的には、予防接種が現在では有効的なようです。

ちなみに赤ちゃんのインフルエンザの予防接種は、生後6カ月から受けられます。

他にも、予防の対策として考えられるのは、風邪がはやっている時期は、なるべく人が多い場所には行かない。

部屋の中が乾燥しないようにしない。
特に赤ちゃんが眠っている時の、部屋の乾燥には充分気をつけて下さいね。

スポンサーリンク