赤ちゃんが頭やお腹を打った時の対処法

ケガをしたら

スポンサーリンク

赤ちゃんがお腹や頭やを打ってしまったら
まずは落ち着いて赤ちゃんの状態を見て下さい

・きちんと意識はあるか
・嘔吐やけいれんはしていないか
・赤ちゃんが大声で泣いているか
・打ったところはいつもどおりに動かせ、痛がらないか
・怪我はしていないか
・出血はしていないか

以上のような状態を見ることで、適切な対処方法がわかります。
以下より、赤ちゃんがぶつけたり、打ってしまった場合の場所による対処方法をご紹介します。

赤ちゃんが頭を打ってしまったら

赤ちゃんがすぐに大声で泣くようでしたら、とりあえずは安心だと考えても大丈夫です。

そして、頭の隅から隅までををチェックして、怪我をしていないか確かめて下さい。

打った部分にこぶが出来ていて赤くなっているようでしたら、冷たいタオルで冷やすなどの応急処置をします。

打った直後に大声で泣いたり、こぶが出来る程度であればほぼ大丈夫なようですが、何日か過ぎてから、頭を打った時の症状が出てくることもあります。

発熱しないためにも、頭を打った日は安静にし、入浴は控えるようにして下さい。

2~3日は赤ちゃんの様子を見たほうが安全です。
心配な時は、お医者さんに見てもらってください。

赤ちゃんが胸やおなかを打ってしまったら

まずは赤ちゃんに触れ、痛がるところがあるかを確認します。

それから服をゆるめ安静にします。大泣きしても時間が経過し落ち着いて、痛がる場所がないようでしたら大丈夫です。

この場合も、当日は安静に過ごし、発熱しないように入浴は控えてください。

しばらくして、尿に血が混じっていたり、黒っぽい便が出るようでしたら、内臓に異常がある可能性もありますので、病院で診断を受けるようにして下さい。

いづれにしても、2~3日は赤ちゃんの様子を見たほうが安全です。
心配な時は、お医者さんに見てもらってください。

赤ちゃんが腕や足をぶつけてしまったら

まずは、腕や足がちゃんと動かせるかを観察します。

打ったところが赤くなっている程度なら、冷たいタオルで冷やすなどの応急処置をします。

打った箇所を触った時に泣き叫ぶようでしたら、骨折している可能性もありますから、すぐに病院に連れて行って下さい。

熱を持っていたり、腫れがひどい時には、骨にひびが入っている可能性もありますから、この場合は冷やしながら病院へ行ってください。

もしも、動かすことができても、自己判断はせずに、きちんと診察を受けてください。

赤ちゃんが顔をぶつけてしまったら

鼻や口から出血していないか確認してください。少し腫れているようであれば、冷やしてあげます。

軽いすり傷は、止血して消毒してください。その後2~3日は様子を見て下さい。

この場合も、心配なようでしたら病院にて診てもらって下さいね。

スポンサーリンク