赤ちゃんが転倒や転落しないような対策方法

ケガをしたら

スポンサーリンク

赤ちゃんがベビーベッドやベビーカーから、転落してしまう事故はとても多いようです。
赤ちゃんの行動範囲が広がると、いすの上、階段、ベランダの柵など、どんどん危険性も増して命に関わる事故に発展します。赤ちゃんって、体に比べて頭が大きくて重いので転びやすく、バランス感覚もまだまだ十分とはいえません。

赤ちゃんの転倒や転落は、予想もしていなかったような事故へ発展してしまう可能性がないとは言い切れませんよね。

転んだときに、家具の角やガラスにぶつかったりなど、考えただけでも怖いです。

ですので、日頃から赤ちゃんが事故にあわないように、部屋の安全対策をバッチリしておきましょうね!

以下に、その安全対策をご紹介してみます。

赤ちゃんの身を守る高い場所の安全対策

ベビーカー、ベランダ、玄関のたたき部分、階段、出窓、ソファ、ベビーベッド、自転車の補助いす、すべり台、ブランコなどなど、赤ちゃんから見た高い所は私達の身近な場所にあり、赤ちゃんの転落事故もとても多いです。

「はいはい」ができるようになったら、危険な場所にはゲートをつけましょう。

自転車の補助いすやベビーカーは、赤ちゃんが身を乗り出してしまい、頭から転倒する事故が起きます。
乗せたらしっかりとシートベルトをして、赤ちゃんから目を離さないように心がけて下さい。

ご自宅にベランダがあるようでしたら、ベランダに出ないように工夫をし、赤ちゃんがつかまり立ちをする頃になったら、ひとりで起きたときに転落しないように、ふとんに切り替えたほうがよいでしょう。

私的には、和式の生活の方が、赤ちゃんが転倒するケースも低くなると思い、ベッドはやめてソファも取り除きました。

赤ちゃんの身を守るすべりやすい場所の安全対策

歩けるようになった赤ちゃんは、やたらと走りたがる傾向にあります(笑)

お風呂場の床やキッチンの水はねなど、赤ちゃんにとって滑る場所はたくさんあります。

すべりにくい浴室用タイル、すべり止め用シートなどを利用して赤ちゃんが転ばないように前もって対処して下さい。

床の上の新聞紙やビニール袋ものも、要注意です。

電気コードは足にひっかけたり、つまずいたりする原因になります。

裾をひきずるようなズボンを着せるのも、危険が大きいのでやめておいた方がいいですね。

赤ちゃんがおはしや歯ブラシなどを口に入れている時、転倒するととても危険です。
赤ちゃんから目を離さないように心がけて下さい。

赤ちゃんの身を守る段差がある場所の安全対策

赤ちゃんは少しの段差でも転んでしまいます。

カーペットの段差にも足を引っ掛けることがあるので、テープを張ったりして事故が起こらないようにします。

赤ちゃんが転倒や転落した時、
以下の症状であれば至急病院に連れて行ってください

・打ったところに触れると泣いて痛がる。
・赤ちゃんのおしっこから血尿が出た。
・赤ちゃんがぐったりしている。
・すぐ眠りそうになったり、けいれんを起こしたりする。
・嘔吐する。
・赤ちゃんの意識がない。
・反応が鈍くぼーっとしている。

これらの症状以外でも、気になるようでしたら迷わず病院に連れて行って下さいね。

スポンサーリンク