赤ちゃんがひきつけを起こした時の対処法

ひきつけ

スポンサーリンク

赤ちゃんがひきつけをおこした時、お母さんのは慌てず、冷静に処置できるように、これからお話することを覚えていただければと思います。
もしも赤ちゃんが、突然、けいれんやひきつけを起こしたら、まずは慌てないで赤ちゃんの様子を、冷静に観察して下さい。顔を横に向けて、吐いたもので気道がふさがれないようにします。
刺激を与えないようにやさしく体勢をそっと変えます。

それでは具体的なお話をさせていただきますね。

赤ちゃんが吐きそうな時の対処法

「赤ちゃんが吐きそうだな」という時には、顔を横に向けて吐いたものが、喉につまらないように寝かせます。

首の後ろにタオルを入れて、服のえりもとを緩めたり、顔を横に向けたりして、お母さんは気道を、素早く確保して下さい。

この時、体を揺さぶったりして、刺激を与えるようなことは絶対に避けて下さい。

赤ちゃんが吐いたときは汚れたものをキレイにし、次の吐き気を、もよおさせないようにふき取ります。

けいれんが治まって、ある程度、吐き気が落ち着いたら、病院で受診するようにして下さい。

けいれんが始まった時の対処法

熱が原因でひきつけを起す場合は、5分以内に治まるようなので、慌てずに対処してください。

ほとんどが、「熱性けいれん」なので心配はないかと思います。

熱性けいれんであれば、受診のときに、お医者さんの参考になりますので痙攣の時間を計るようにしておいて下さい。

その時、けいれんが、体の左右対称であるかも観察してください。

治まったときに、麻痺や、意識障害がないかも冷静に見てください。

気が動転して、赤ちゃんの名前を大声で呼んだり、体を揺さぶったりなどの刺激を与えないようにします。

けいれんが治まって、赤ちゃんが落ち着いたら。病院に連れて行って下さい。

もしも夜間なら救急車を呼ぶようにします。
症状が深刻なときは後遺症の危険性も高くなりますから、迅速に対応して下さい。

もし赤ちゃんが意識を失っていても、そのまま病院に連れて行きます。

お母さんは、病院についたら発熱や嘔吐、けいれんの様子などをお医者さんに伝えて下さい。

救急車を呼んだ場合は車中で伝えます。

ひきつけで絶対にしてはいけないこと

大声で呼んだり、体を揺することは絶対にダメです。
これはけいれんを助長させてしまうこともあります。

赤ちゃんがけいれんしている最中に、病院に連れて行くのもやめておいた方がいいです。

安静にさせて治まるのを待ち、お母さんも冷静にならなければなりません。

その時、赤ちゃんが舌をかまないように、ハンカチや割りばしを口にはさんだりすることも、しないようにしてくださいね。

赤ちゃんの急なひきつけや痙攣は、お母さんもビックリするかと思いますが、お母さんまで慌てると、視野も狭くなり、頭の回転が遅くなります。

できるだけ冷静を保つようにして下さいね。

スポンサーリンク