赤ちゃんのひきつけの種類

ひきつけ

スポンサーリンク

赤ちゃんのひきつけの症状や、対処方法、いろいろなひきつけについて、ここではお話しさせていただきます。
熱が出ると、赤ちゃんは、ひきつけを起こしやすくなるようです。熱があってひきつけを起こしても、大体は、2~3分で安定していきますが、以下のような場合は、病院で診察を受けて下さい。

自宅で様子を見て下さい

赤ちゃんがすごく泣いてしまい、手足も震えてる状態の時には、少し様子を見るようにして下さい。

診察してもらって下さい

ひきつけが過去にあり、今回が2回目で、以前「熱性けいれん」と診断されたことがあったり、ひきつけを起したけど、5分以内で治まり、元気もあるようでしたら、再度、病院にて診察を受けるようにして下さい。

診察外でも受診して下さい

ひきつけが初めてで、1日に2回以上ひきつけを起こしているようでしたら、診察外受診でも病院に連れて行って下さい。

大至急診察して下さい

平熱にもかかわらず、ひきつけを起こしたり、5分以上ひきつけが続いてしまう時や、左右が違う動きをするけいれんを起こしたり、治まった後でも赤ちゃんの手足がまひしていたり、意識がもうろうとしていたら、夜中であろうが、大至急、受診するようにして下さい。

様々なけいれんの症状

憤怒けいれん

憤怒けいれんの症状は、激しく泣いた時に呼吸が止まり、突然、痙攣を起こします。
かかりやすい年齢は3カ月~3才に多く見られ、ひどい時には顔や唇が青くなったりします。
ほとんどが1~2分で治まるのですが、手足が震えたりすることもあります。

この痙攣は、成長とともに起こらなくなります。薬による治療は必要ありません。
後遺症の心配もないようですね。

熱性けいれん

熱性けいれんは、高熱のときに起こります。

かかりやすい年齢は6カ月頃~?4才ぐらいで、38度以上の熱が出たときに、痙攣が起こります。

2~3分間、両手が突っ張った状態になり、ひどい時には、意識がなくなります。

原因は、発熱することにより、脳の神経細胞が一度に活動するからです。

後遺症はありません。

子供の体質によっては、発熱のたびに痙攣を起こします。

初めての痙攣の時は、診療時間外でも必ず病院に連れて行って下さい。

てんかん

てんかんは、発作やけいれんを起こしたり、突然意識を失ったりします。

かかりやすい年齢は6カ月以降で、脳の一部に異常が発生して起きます。

何度も繰り返すことが多いので、とても後遺症が心配です。

てんかんはテレビの画面の閃光や、点滅が原因とも言われています。

脳に特別な異常がない時は、薬で症状を抑えるようにします。

原因がはっきりとしない発作もあるようですが、とにかく気になることがあるようでしたら、必ずお医者さんに看てもらって下さいね。

スポンサーリンク