赤ちゃんがやけどしてしまったら!

肌のトラブル

スポンサーリンク

赤ちゃんのやけどは大人の責任

生後6カ月を過ぎる頃から、赤ちゃんの行動範囲はどんどん広くなっていきます。

と、いうことは、事故も多くなりますよね。
特にやけどの事故が多くなるようです。

やけどの90%は、自宅内で起きていますので、大人は赤ちゃんをしっかりと見ていないと、事故につながりますので怖いですよね。

赤ちゃんには「これを触ると熱い」という知識がありませんから、いろいろなものを触りたがります。
電気器具の置き場所や、触れるとやけどするようなものの置き場所には充分な注意が必要ですね。

湯気や蒸気に手が触れるだけでやけどをします

電気ポットや炊飯器、やかんから出る蒸気をのぞき込んだりして、顔や手にやけどを負ってしまう、赤ちゃんも多いようです。

赤ちゃんが接触できるような場所には、熱い物を置かないように注意したいものです。

お茶の湯気や、炊きたてのご飯でも、赤ちゃんはやけどしたりもします。

熱いものに直接触れてやけどをします

アイロン、ドライヤー、暖房器具、ホットプレートなどの熱を出す電気器具にも注意して下さい。

赤ちゃんが近寄れないように、冬の時期はストーブやファンヒーターにガードを、つけるなどの対策はバッチリしましょう。

みそ汁やカップめんをひっくり返して、体に浴びることもあります。
調理中は油がはねたりなど、おても危険ですので、台所には赤ちゃんが入ってこないようにしましょうね。

ヤケドしてしまったときは

赤ちゃんの皮膚って、大人の皮膚と比べると薄くて弱いので、すぐに水ぶくれになってしまいます。
たとえ軽いヤケドだったとしても、どんどん進行しますので、ヤケドしてしまったところはしっかりと冷やすようにしてください。

軽いやけどでしたら、流水で20分以上冷やします。
5分程度で冷やすことをやめないようにしてください。

直接水をかけられない顔などのやけどは、ぬれタオルをコマメに変えて、冷やし続けるようにしてください。

手や足の指全体、鼻、口、頭、目、陰部、関節、肛門部、などのやけどや、500円玉以上の大きさのやけどの時はすぐにお医者さんにみてもらって下さい。

スポンサーリンク