赤ちゃんが発疹した時の対処方法

肌のトラブル

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌って、とても柔らかくてスベスベで、「新品!」って、感じですよね(ちょっと変な表現ですね)

でも、それだけ、赤ちゃんの肌はナイーブで敏感です。

赤ちゃんに発疹が出た時って、本当にかわいそうです。

なので少しでも症状を和らげてあげたい!
ということで、ここでは赤ちゃんの発疹を自宅でケアするお話についてです。

あくまでも、対処方法ですので、お近くの病院にてしっかりと診てもらってください。

赤ちゃんのほっぺがカサカサ

乾燥した空気や冬の寒気は、敏感な赤ちゃんの、お肌の大敵です。

外出する時などは、赤ちゃんのほおや、手足などの外気に触れるところに、保湿クリームを塗るようにして下さい。

赤ちゃんのあせも

冬の乾燥に対して、こちらは夏の発汗によるあせもです。

室内を快適な温度に調整することで、汗をかき過ぎないようにするのですが、クーラーの風が直接、赤ちゃんにかからないように注意して下さい。

汗をかいていたら着替えをさせ、いつもさらさらの状態にしておくことが大切です。

ですが、あまり神経質にならないようにするのも、赤ちゃんのためです。

室内をクーラーで冷やしすぎて、夏でも赤ちゃんが汗を全くかかないような環境をつくると、今度は自分で体温調整できなくなります。

もちろん、直射日光があたらないようにしますが、部屋の中を風通しがよくなるようにしたり、うちわで扇いだりして下さい。

この行為が赤ちゃんとのコミュニケーションを取ることで、大変、重要とも言えるのではないでしょうか。

赤ちゃんが湿疹をひっかいてしまう

赤ちゃんは、かゆみがあると、湿疹をひっかいてしまいます。

かくことによって症状も悪化しますし、傷にもなりますので、つめは短くしておきましょう。

赤ちゃんのつめは小さく薄いので、はさみ型のつめ切りを使うといいですね。

爪を切るときは、しっかり押さえ手や指が動かないように注意してください。

赤ちゃんは、予測不可能な動きをしますから(笑)、寝ているときに、そ~っと、切るのが安全かもしれませんね。

はしかや水ぼうそうの対処方法

赤ちゃんが、はしかや水ぼうそうにかかった時は、他の赤ちゃんに移ってしまいますので、接しないようにしなければなりません。

また、赤ちゃんの免疫力も落ちているので、違う病気に感染することもあります。

外出は避けるようにして下さい。

脂漏性湿疹の対処方法

分泌された赤ちゃんの皮脂がたまりすぎると、脂漏性湿疹の原因となります。

体だけでなく頭も石けんで、洗い流し清潔にしてあげましょう。

そのとき、石けんが体に残らないようにきちんと流すようにしてくださいね。

口内炎のときの離乳食について

口の中の湿疹は、離乳食があたって痛がったり、口を開くのが、とてもつらそうです。

離乳食は、いつもより柔らかめにして、喉越しや、口あたりがいいようにするなど、お母さんが工夫して与えるようにしてください。

かんきつ類やお醤油などは、口内炎がしみることもあるのでご注意下さいね。

スポンサーリンク