赤ちゃんの発熱に伴う病気について

2018年6月2日熱を出したら

スポンサーリンク

赤ちゃんが熱を出した時は、風邪以外にも色々な病気が考えられます。
熱が出たら、単純に風邪だなと考えないで、必ず、病院に診てもらるようにしてくださいね!

それでは熱が出たときに可能性のある病気についてお話しさせていただきます。

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

発熱や患部の腫れと痛みなどの症状が表れます。6カ月以降になるとかかりやすくなり、季節を問わずおたふく風邪にかかります。

おたふく風邪の原因ですが、耳の下にある耳下腺がウイルスにより、腫れてしまい、熱が出てしまいます。
そして、熱だけではなく、痛みもあります。

腫れは、1週間ほど続きます。赤ちゃんのあごの下や舌に広がるケースもあります。

まれに髄膜脳炎や髄膜炎を併発することもあるので要注意して下さい。

おたふくの予防対策ですが、1才を過ぎますと、任意で予防接種を受けられます。

予防接種しても赤ちゃんが、おたふく風邪にかかることもありますが、予防接種を受けていますので、軽い症状で済むことが多いようです。

おたふく風邪は、年齢が高くなるにつれて、症状が重くなります。

あまり小さい時にかかると、とてもかわいそうなので、できれば、ある程度体力もついた小学生位に、かかってほしいですよね。(かかってほしいというのも、何か変ですけど)

髄膜炎

髄膜炎の症状は、発熱や嘔吐、ひどくなりますと、ひきつけや意識の低下も見られるようです。

6カ月以降になるとかかりやすくなり、季節を問わず、髄膜炎にかかります。

髄膜炎の原因ですが、おたふくかぜ、中耳炎などの感染症の、細菌やウイルスが原因のようです。

髄膜炎は、早期発見がとても大事で、赤ちゃんに後遺症が残る場合もありますので、要注意して下さい。

予防と悪化させないためにも、おたふくかぜや中耳炎などにかかった時、後遺症として現れることもありますから、赤ちゃんの体調の変化を見逃さないように、しっかりと、観察してください。

表情がとろんとし、ひきつけを起こしたりした場合は、なるべく早くお医者さんに診てもらって下さい。

スポンサーリンク