赤ちゃんが発熱したときにするべきこと

熱を出したら

スポンサーリンク

小さい赤ちゃんが熱を出すと、親としては本当に心配です。
赤ちゃんを触るとビックリするぐらいに、熱くて本当に不安になってきます。

赤ちゃんは大人より新陳代謝が盛んです。
そのため、平熱が大人よりも高く、熱が上がりやすいという、体の作りなんです。
体の中にウイルスや細菌が入ると、それらを消滅させようとして、熱が高くなるのです。

とは言っても、あまりに熱が高かったり続くと心配ですよね。

ここでは、その症状により、ご両親はどのような行動をすべきについてお話させていただきます。

自宅で様子を見る程度の発熱

赤ちゃんが多少熱っぽいけど、機嫌も悪くなく、食欲もしっかりとあり、ぐっすり眠れているようでしたら、ご自宅で様子をみるようにしましょう。

診察時間の間に受診してもらう程度の症状

熱がさらに、上がってしまったけど、
水分補給はしっかりとできていたり、
赤ちゃんの脇の下や、おでこを冷やすと、
しっかり眠るようでしたり、意外と機嫌がいいようでしたら、
病院の診察時間内に看てもらって下さい。

診察外でも受診して欲しい発熱の症状

熱が下がらずにぐったりしていたり、
高熱になってしまったり、
お水やミルクも飲まなくなってしまうようでしたら、
診察時間外でも必ず、病院に連れて行って下さい。

大至急、救急車を呼ぶ状態

・赤ちゃんの意識がなくなってしまった。
・ひきつけを起こしている。
・熱が、39度以上にまで上がった。
・吐いてしまう回数が増える。
・生後2カ月までの赤ちゃんで、38度以上の熱があり下がらない。
・嘔吐、激しい下痢があり、おしっこが出ない。

以上のような場合は救急車を呼ぶべきです。

すぐに下がるような微熱なのであれば、さほど、心配することもないのですが、赤ちゃんの容態は急変しやすいので、熱がでた場合は、お医者さんに看てもらうようにします。

もしも容態が急変した時が夜中でも、夜間の病院で必ず見てもらって下さい。

発熱が原因で、肺炎になったり、視覚・聴覚障害になったりする場合があります。

ですので、自己判断は絶対にしないで、お医者さんに連れて行ってあげて下さい。

スポンサーリンク