赤ちゃんの鼻づまりの対処方法

鼻や耳のトラブル

スポンサーリンク

赤ちゃんが鼻づまりで苦しそうなときって、見ている私達もつらいですよね。

赤ちゃんの鼻づまりを少しでも良くできるような、自宅でできる対処方法についてお話します。

鼻づまりの対策として、基本的なことは、まず部屋の乾燥を防ぐことと、鼻の下の肌荒れを治してあげることです。

赤ちゃんの鼻がつまってつらそうなときは、蒸しタオルを赤ちゃんの鼻の下に当ててください。

その時、タオルが熱すぎるとやけどをしてしまうので、タオルの温度には注意してくださいね。

人肌がちょうどいいかと思います。

赤ちゃんの鼻に、鼻くそがつまって指ではなかなか取れないときは、綿棒などを使うようにします。

綿棒にベビーオイルをつけて、優しく取り除いてあげて下さい。

ベビーオイルは、無香料でアレルギーにならないような成分のモノがオススメです。

そして、無理に取ると怪我をさせてしまったり、赤ちゃんもいやがりますね。

綿棒や、こよりで鼻の入口を刺激させて、くしゃみを出させますと、鼻がスッキリします。

赤ちゃんはとてもよく動きますから、綿棒やこよりを鼻の奥に入らないように気をつけて下さい。

あと、目などに入らないように注意してください。

赤ちゃんの鼻水が治まらないようでしたら、鼻吸い器を使うことをオススメします。

鼻の中にたまった鼻水は、きれいに取れるので赤ちゃんも、スッキリとして、機嫌よく寝れるようになります。

鼻吸い器は、急に吸うのではなく、少しずつ加減して吸いましょう。

赤ちゃんの鼻の下は、こすりすぎないように注意して下さい。

余談になりますが、私のお話で恐縮ですが、そういえば、鼻吸い器で子供の鼻水を除去していた時に、びっくりするくらいの量がとれて、私も気持ちよかったのを、今、書いていて思いだしました(笑)

すみません、お話を戻しますね。

鼻水って、敏感な赤ちゃんの肌が、かぶれてしまう要因でもありますので、コマメにふき取ってあげて下さい。

柔らかいガーゼや布をぬるま湯でぬらして、そっとふき取ります。
その後は、乾いた布などで拭いてあげてください。

最後に保湿クリームで肌を保護し、乾燥から守ってあげてください。

赤ちゃんの鼻が詰まって苦しそうな時でも、このような対処をすることで、赤ちゃんも機嫌がよくなります。

スポンサーリンク