赤ちゃんが副鼻腔炎(蓄膿症)にならないようにするには

鼻や耳のトラブル

スポンサーリンク

赤ちゃんの気管はとても狭いので、どうしても鼻水がつまりやすくなってしまいます。

鼻がつまっている赤ちゃんは呼吸もしづらそうですし、何よりミルクを飲むのが大変だと思います。

ですので、お母さんはマメに、取り除くように心がけたいですね。
赤ちゃんの症状によっては、お医者さんに診てもらった方が良いケースもあります。

では症状別に見てみましょう。

家で様子を見守る

赤ちゃんが鼻水や鼻づまりなどの症状があっても、わりと機嫌がよかったり、よく眠るようでしたら、家で様子を見て下さい。

病院で診察してもらう

・赤ちゃんの呼吸がつらそうな場合
・鼻水が黄色や緑色だった場合
・鼻がつまって熟睡できていない場合
・おっぱいが飲みづらそうな場合

以上のような症状が見られるようでしたら、お医者さんに看てもらった方が良いです。

さらに、せきこんだり、熱が出ていたり、呼吸が荒いようでしたら、診察外でもお医者さんに見てもらいましょう。

鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状が、きっかけとなり、副鼻腔炎(蓄膿症)に、かかってまう赤ちゃんもいます。

かかりやすい年齢は6カ月以降で、やはり、冬にかかりやすいですね。

赤ちゃんの副鼻腔炎(ちくのう症)の症状として、黄色く粘り気のある鼻水と鼻づまりが見られます。

この副鼻腔炎の原因なのですが、鼻の奥にある空洞部分が細菌感染してしまい、かぜなどの感染症のあとに起こりやすいようです。

蓄膿症の症状は、鼻水、鼻づまりだけでなく頭痛もあります。

抗生物質で治るのですが、髄膜炎、中耳炎になることもあるので要注意です。
(私、個人的には抗生物質はあまりオススメできません)

蓄膿症のの予防対策方法ですが、とにかく部屋の空気を乾燥させないことです。
特に冬は気をつけて下さい。

空気が乾燥している場所は、ウイルスや細菌が粘膜で繁殖しやすくなります。

これは、赤ちゃんが風邪をひかないようにするための予防策でもあるのですが、鼻の中を清潔に保ち、たまった鼻水や鼻くそを、コマメに掃除してあげてください。

スポンサーリンク