赤ちゃんが下痢をした時にするべきこと

下痢したら

スポンサーリンク

赤ちゃんが下痢をした時に、どのように対処すればいいのかについてお話をさせていただきますね。

おむつをかえるとき

下痢状のうんちは、とても肌への刺激が強いので、皮膚がデリケートな赤ちゃんのお尻がかぶれたりします。

ですので、オムツはコマメに取り替えて下さい。お尻もキレイに汚れを取り、よく乾燥させます。

お医者さんから処方されている薬があるのでしたら、薄くのばすようにつけて下さい。
このとき、手はキレイにすることを、忘れないようにして下さいね。

お尻を乾燥させる時に、ベビーパウダー使用すると思いますが、ベビーパウダーに、水分が混じると、汗腺をふさいでしまいます。
ですので、下痢のときはつけないほうがいいでしょう。

下痢の時のキーワードは、「清潔」「乾燥」です。

おむつの替えが終わりましたら、細菌やウイルスが含まれているケースがありますから、必ず手を洗い、自身が感染しないようにします。

下痢しているときの、おっぱいや離乳食について

赤ちゃんが下痢をしてしまうと、体内の水分は、急速に失われてしまいます。
水分補給をしっかりとして、脱水症状にならないようにご注意下さい。

・果汁について
糖分は下痢を悪化させる場合もあります。
もしも果汁を与えるのでしたら、りんごを与えて下さい。

・ミルクや離乳食
ミルクや離乳食は胃に負担をかけますので、赤ちゃんの様子を見ながら、少しづつ与えてください。
症状がひどいときには離乳食は中断してください。

下痢のときはNGの飲み物や食べ物

・下痢を悪化させるもの(果汁や糖分、かんきつ類)
・胃腸に負担がかかる物(ミルクや母乳)
・脂肪分を多く含むもの(肉や魚など)消化しにくいもの

以上のものはNGです、以下のものを与えて下さい。

・飲み物で水分補給をする場合に与える物(イオン飲料や白湯など)
・下痢の時に赤ちゃんに与える物(りんご)
・胃腸への負担を少なくするには(ミルクを薄めて飲ませる)

食中毒の予防

梅雨時から夏にかけてや、湿度や温度で細菌が繁殖しやすい季節に、食中毒は多く見られます。

食中毒のほとんどが、細菌性のものです。
離乳食の時期が夏であれば、食材にはしっかり火を通すようにしましょう。

食材の保存にも十分、気をつけ、調理器具も清潔に保つようにして下さい。

「キャンピロバクター腸炎」という食中毒がありますが、これは、ペットのふんから感染する食中毒の一種です。

ペットに触ったら石けんで手を洗うことを習慣付け、清潔感のある環境作りを心がけて下さい。

スポンサーリンク