赤ちゃんが下痢をしたときの対処方法

下痢したら

スポンサーリンク

赤ちゃんのオムツを毎日取り替えていると、いつもと違うと異変を感じる時があります。
赤ちゃんのウンチの状態は、健康のバロメーターともいえますよね。

赤ちゃんのウンチで特に気になるのが、下痢なのではないでしょうか。

赤ちゃんがよく下痢をしてしまうのは、胃腸の粘膜が弱く、消化器が短いので、ちょっとした刺激にも反応してしまうからです。

では症状別でご両親が対処すべき方法をご紹介していきますね。

自宅で様子を見て下さい

いつもより少し、ゆるいうんちがでたり、
便の回数が、いつもより1~2回多いようでしたら、
自宅で様子を見ていて心配ないと思います。

病院で受診して下さい

・下痢の回数が最近増えた。
・1週間以上下痢が続いている。
・水のような便が1日に5~6回出る。
・便がすっぱい臭いで、少量の血が混じっている。
・食欲がなくて、機嫌も悪い。
・水分はとれているけど、下痢と嘔吐が続く。
・下痢だけでなく、発熱と嘔吐の症状もある。

以上の症状が見られましたら、
病院にて診察を受けるようにして下さい。

診察時間外でも受診して下さい

・熱があり、ウンチのにおいが異臭や悪臭でいつもと違う。
・粘血便が大量に出ている。
・鮮血が混じっているうんちをする。
・赤ちゃんの水分補給ができないし、吐いてしまう。
・便が普通の便ではなく、白っぽい場合。

以上の症状が見られましたら、診察時間外でも診察を受けるようにして下さい。

大至急、受診して下さい

下痢と嘔吐が激しく続き、大泉門という、赤ちゃんのおでこの少し上の、柔らかくてぷにゅぷにゅしている部分があるのですが、ここがへこんでいるようでしたら、夜中であろうが、大至急、病院に連れて行って下さい。

お腹を下す下痢の症状だけでなく、赤ちゃんの下痢には色々な病気が考えられます。

乳糖不耐性下痢、ロタウイルス腸炎、
キャンピロバクター腸炎、アレルギー性腸炎、
単一症候性下痢、細菌性胃腸炎、急性胃腸炎

などなど、が考えられますので、
異変に気が付きましたら、症状が悪化しないように、
早めに病院にて受診するようにしてくださいね。

スポンサーリンク